Climbing Mate Club

Climbing Mate Club

Report

赤岳主稜から硫黄岳

3月16日、臼井・浅野二名で赤岳主稜登攀し、硫黄岳まで縦走してきました。
赤岳主稜は団体さんの先行パーティがいましたが、好天のなか快適に登れました。
その後稜線を縦走し、横岳を越えたあたりから天気が悪化い、猛烈な突風に吹かれました。
風に飛ばされないよう文字通り這いつくばって進み、どうにか硫黄岳を越え下山しました。
いいトレーニングになりました。
臼井

Comment

  1. トモチャンセン より:

    お疲れ様でした。私達も硫黄岳では突風でした。
    早立、速攻で登れて良かったですね。

  2. Kusumkan より:

     リーダーのおかげで、家庭環境および職場環境の激変後3年半で初めて、冬山クライミングと呼べる山行ができました。歩くスピードがまだまだ十分ではなかったなので、トレーニングに工夫が必要です。禁煙継続中でまだよかったです。
     横岳~硫黄岳は好天でも風が強いですが、今回の強風は私の経験の範疇を超え、70kg超の体が飛ばされるほどでした。あれで捻挫でもして動けなくなれば大変です。
    大体のタイム:美濃戸口4:30~行者小屋7:00~赤岳主稜取り付き8:00~終了10:30~横岳11:45~硫黄岳13:30~赤岳鉱泉14:40~美濃戸口16:20

トモチャンセン にコメントする コメントをキャンセル

*