Climbing Mate Club

Climbing Mate Club

Report

どじょうの歌またもや登れず

2月23日 米子不動に行ってきました。
メンバー:永沢、堀
須坂の町は積雪がそれほど多くなく、松本より少ないねと言いながら進んでゆくと、
どんどん雪が増え、湯ッくランドでは松本よりはるかに多い積雪。
どこまで入れるか心配でしたが、いつもの廃棄物処理場まで車で入れました。
その先は、人の痕跡全くなし。
スキーとスノーシューで大沢まで3時間。3週間前とは景色が一変しておりました。
つぼ足では無理なので、またスキーとスノーシューで、どじょうの歌取り付きまで2時間。
やっと付いたと思ったら、ご覧のとおり水が盛大に滴り落ちていました。遠目には良かったのに残念!
右の氷柱も下まで繋がっていましたが、ちょっと危険と判断し断念しました。
帰りも重い雪にスキーが滑らず、半分以上ストックで押す有様。結局車に帰るまで10時間を要してしまいました。
やはり、米子の日帰りは、トレースが有って全員スキーが条件のようです。
 
永沢 記

Comment

  1. Kusumkan より:

    往復のラッセルお疲れ様でした。
    条件が揃うまで辛抱しましょう。

  2. 永沢 より:

    時間まちがえました。大沢まで4時間でした。

  3. トモチャンセン より:

    残念でしたね。条件良い時に再トライして下さい。

トモチャンセン にコメントする コメントをキャンセル

*